Making an Inexpensive Seed Warming Mat

Thursday, March 8, 2012

I start seeds indoors because I want to get a jumpstart on spring planting with strong healthy transplants. All the advice I’d read recommended buying a seed tray warming mat or a kit that included a seed tray and a warming mat (the warmer soil speeds up seed germination). But, being the frugal gal that I am, I found the mats to be somewhat pricey, not to mention their limited usefulness. Once our weather warmed up (usually by late March) I could easily use solar power to warm my newly planted seeds. In the cooler months of January, February and early March, however, I still wanted to get my seeds off to a good start, so I put my thinking cap on to come up with a solution.

Actually the idea came to me as the result of a painful situation. I had strained my back unloading bags of feed with my daughter. As I lay on the sofa with a heating pad wrapped around my back and a seed catalog in my hands it came to me! I could use the two heating pads we kept in the bathroom cabinet in place of commercial warming mats. They were a decent size, easily big enough to hold two of the black nursery flats I had gotten to hold my seed trays and recycled pony packs.

The only challenge now was to find a way to protect the heating pads from the damp seed trays so it could continue being used for its intended purpose. I looked around the house to see what I had that might work and came across an old metal tray with a ½-inch lip around the edge. It could easily hold a good number of peat pots and peat pellets and a recycled cookie sheet could hold the pony packs. Viola! Homemade seed warming mat.

Since each heating pad has different settings I had to test each setting until I found one that would warm the tray and subsequently the soil to the right temperature, which can be as low as 44 for cool weather crops like cabbage and as high as 86 for warm weather vegetables like squash and tomatoes. A good rule of thumb is 50 to 70 for most seeds. I used a standard household thermometer to measure the temperature. Now when I plant seeds indoors they get the warmth they need and I get my garden planting off to an early start.



55 Responses to “Making an Inexpensive Seed Warming Mat”

  1. そんなこと言ってたかな?と、あやふやな記憶に自信が持てません。
    安心葬儀社をご説明しています。
    お葬式を終えたとき、ありがとうと言ってもらえるように。しっかりとありがとう言える。
    大阪で大事な人を家族で見送る。
    私共はヒヤリングを注意にしています。
    葬儀は葬儀・告別式の最初の一字を取り入れて造られたワードと言われていますが、従来なら、直葬と告別式には別の役割があります。
    失敗しない家族葬を行うには、どのようにお別れしたいのかを私たちがヒアリングする必要があります。
    ポイントは、亡くなった人を搬送した後でも葬儀会社を断る事が出来ます。故人を病院から搬送・安置させ、気持ちをいったん落ち着ける事が大事です。
    こちらでは、ご家族にかわり、葬儀社にご遺族の希望を伝え、きちんと最後までお見送りのお手伝いをしています。
    大阪市立北斎場で葬儀を市民目線で。安心葬儀社ををご紹介しています。
    大切な人を大切に送り出したい。
    故人の希望は100家族あれば100通りあります。

  2. 会葬者の人数多過ぎると当然お葬式の規模も大きくします。
    私共は聞き取りを大切にしています。
    臨海斎場で家族葬をする時のポイントは?先ず料金プランをサポートします。
    市営斎場では『心づけ』を貰うことが禁じられています。臨海斎場 式場
    大田区・品川区・世田谷区・目黒区・港区の信頼できる葬儀社をサポート。
    東京の公営 臨海斎場を利用して予算を抑えたセレモニーをご案内しています。
    いったん亡くなった方を搬送すれば検討できる時間が出来ます。
    ポイントはお葬式の規模、一日葬のかたち、直葬を執り行う臨海斎場、要望です。
    故人安置の第一の場所は斎場などですが、可能なら自宅へ安置するのが通常です。
    現在では一般訪問者がお昼の葬儀や告別式と比べて出席しやすいお通夜に訪問することが増えました。
    臨海斎場は式場と火葬場が併設しているので、移動時間も節約できます。臨海斎場 式場
    近くの駅などから臨海斎場に向かう案内看板を立てたりしますが、会場がわかりにくいときなどは、駅の改札口などで会葬者の案内もします。
    葬儀の催しは精神状態のけじめをつける意味もあります。
    見送られる人が良かったと言える家族葬とは。
    大事な方を亡くした人へ各ご家庭に最適なプランをご紹介させていただきます。

  3. gangbang says:

    What a information of un-ambiguity and preserveness of precious knowledge on the topic of unexpected feelings.

  4. 社内の辞令。引っ越しは必須ですね。単身の引越を一般より割安にしたい人のためのレビューのご紹介です。単身だからこそ、引越代には差があります。そこで押さえたい点を分かりやすくまとめにしてサイトにしました。段取り良く引越準備をしたいなら必見です。引っ越しだと荷造りが必須ですがちょっとした準備で楽も可能です。単身の引越しにもプランがありますから自身にあった引っ越しプランをうまくチョイスしましょう。そうすることでお得に楽に引越が可能になるわけです。

  5. What’s up, for all time i used to check web site posts here in the early hours in the morning, for the reason that i like to gain knowledge of more and more.

Leave a Reply